健康診断は必要か|ドクターとやり合いました。

未分類

仕事場での健康診断の日が近づいてきました。
毎年行われていますが、毎回スルー(笑)

なぜなら。健康診断をする必要性を感じないから。

まぁ体調も悪くないし。。。

ということで、
血液検査と心電図は、とりあえず嫌々受けても

胃のバリウム検査は、ずっと受けなかったのです。

バリウムは
「味が悪く、飲みにくい」

「下剤を使わないといけない」
「げっぷしたらやり直し」

と、過酷な条件がそろっているうえに

人体に影響を及ぼすほどの放射線を使っていないとはいえ
被ばくするのが嫌で、いつも受けていませんでした。

しかし、今回は
いつも検査を受けたくないという私に
直接、ドクターからお話が(笑)

「なぜ、毎回胃の検診を受けないんですか?」と
お話がありました。

体に影響はない被ばく量とはいえ、
被ばくは避けたい

また、胃がんなどの早期発見はバリウムでは無理ではないか

など、いろいろと受けない理由を
お話しました。

 

が。。。

見事に論破!

 

見事に論破!!!されました。(;´д`)トホホ

まぁ、被ばく量については
それほどの量ではないと初めからわかっていましたので
そこは、どういうこともなかったのですが

確かに早期発見というところでは
胃カメラには負けるかもしれない。

しかし、胃の状態をバリウムで確認することにより
胃カメラで発見できないガンなども発見できる。
(ここは、もっと詳しくいろいろなガンについての説明あり)

万が一、画像に異常が見受けられたときは
二次検査が必要となるケースはあるかもしれないが、

気になる所見や異常がなければ、
次回受診は一年後でも問題がない

など、のお話がありました。

また、私の年齢では
ピロリ菌の問題もあり

検査を受けることを強く勧められました。

検査を受けるのか。受けないのか。

それでも、いろいろ反論し
渋っている私に先生が

「あなたは、それでもいいかもしれないが
もし何かあったときに、困るのは周りのご家族ですよ。」

「今は、胃がんであれ大腸がんであれ
早期発見できたら、十分に治る病気です。」

「しかし、手遅れになったら困る方がいらっしゃいますよね。」

(今私は、母の介護中!)

この一言で、検査を受けることにしました。

あ~ぁ。

ということで、来月検査に臨みます。(笑)

この私に、20分近くいろいろとお答えいただき
本当にいい先生です。

私の検査を受けたくないという気持ちに共感もしてくれて。
こんなドクターいるんですね。

ちなみに、この先生
私のかかりつけ医でも何でもないです(笑)

母のかかりつけ医の先生です。

ちょい感動です。

 

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました